足が臭い人は、臭くなる原因を抱えているケースが多く、その原因に対する対策が足の臭いケアになると言えます。
そこで、足が臭い人の特徴を徹底分析しました。

そもそも足が臭い人の特徴って?

足が臭い人は、下記のような特徴を持っているケースが多い傾向です。

・立ち仕事が多く通気性の悪い靴を履いている。

・革靴やブーツなどを履く機会が多く、外出している時間が長い。

・1足の靴を毎日履いている。

・足汗が多く足裏の角質が厚い。

足が臭い人の特徴は、『外見的な部分』と『体質的な部分』にある傾向で、これらの特徴を両方持っているケースがほとんどです。

(足が臭い人の特徴に対する対策は?)

・立ち仕事や外出が多い人
足が臭い人の特徴の中で、立ち仕事や外出が多い人は、『足を清潔にするケア』と『靴の衛生ケア』の両方を行う対策がおすすめです。

また、足汗が多い点も足が臭い人の特徴のため、靴底にインソールを敷くなど、靴内の環境にも着目した対策が必要です。

・足の角質が厚い人
足が臭い人の特徴を見ると、『足の角質が厚い』という人が多い傾向で、角質の厚さも足の臭いの原因になっています。

古い角質や汗は雑菌のエサになるため、角質ケアや汗ケアはしっかり行いたいところです。

足裏の角質をケアする場合は、足専用のリムーバーで角質を削る方法や、足の角質を剥がすクリームを使うなど幾つかの方法があります。

しかし、これらのケア方法は角質への負担が心配なため、角質を削るよりアンチエイジングする対策がおすすめです。

(足裏のアンチエイジングとは?)

足が臭い人の特徴に『足の角質が厚い』という点がありがちなため、足が臭い人の特徴に多く該当する人は、足裏のアンチエイジングに着目した対策がおすすめです。

・足裏のアンチエイジングとは?
足裏のアンチエイジングとは、足の角質を美容成分でケアする方法で、抗酸化作用のある成分やグロスファクター、保湿成分などを配合したケア商品を使います。

足の角質にダメージを与える可能性は極めて低いので、足の角質をケアするにはおすすめな方法です。

⇒足の臭いに効くジェルがあるって知ってましたか?

足の臭い対策は重曹だけだと効かない?

足の臭い対策に重曹を使う方も多いようですが、口コミを見ると『重曹だけのケアだと効かない』という方も多いようです。
そこで、重曹だけの足の臭い対策は不十分なのか調査しました。

(足の臭い対策に重曹は効かない?)

・重曹は効かない?
足の酸っぱい臭いに対し重曹を使ったケアは、効かないというより十分期待できます。

足の酸っぱい臭いは、イソ吉草酸という成分が原因のため、アルカリ性の重曹を使うケアは効果が期待できます。

・効かない人の原因は?
イソ吉草酸は足の雑菌によって発生するため、発生した臭いに対し重曹のケアは効果が期待できますが、足の臭いを発生させないケアとしては不十分です。

そのため、『重曹で足の臭いをケアしても、時間が経つと臭くなる!』という方が多いのは、重曹ではケアできない部分が効かない原因と考えられます。

(足の臭いは角質も原因に!)

足の臭いは、足裏の角質や汗をエサにする雑菌が原因のため、重曹だけの対策だと効かないケースもあるようです。

・重曹で効かない場合の対処法は?
足の臭いケアに重曹を使っても効かない場合、足を清潔に保つ対策と足裏の角質ケアがおすすめです。

足を清潔に保つケアは、殺菌成分を配合した石鹸で足をきれいに洗うなどの方法が理想的で、足裏の角質ケアはエイジングケアを選ぶ人が増えているようです。

最近、足裏の角質ケアに着目した足の臭いケア商品が販売されていて、中でも『ニャオワン』という商品は話題を集めています。

『重曹を使っても効かない!』という方にも、ニャオワンはおすすめです。

(角質ケアならニャオワンがおすすめ!)

・足裏をアンチエイジング!
ニャオワンには、フラーレンやEGF、乳酸菌などの成分が配合されていて、足裏の角質をケアしながら足の臭い対策にアプローチします。

また、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、セラミド、尿素を始め複数の美容成分も配合されているため、魅せる足裏のケアにも期待できるエチケット商品です。

根本的な部分から足の臭い対策を目指す方や、色々な商品を試しても効かないという方に、ニャオワンはおすすめです。

足の臭い対策クリームってどんな商品があるの?

足の臭いをケアする場合、足の臭い対策クリームを使う人も多いようですが、どんな商品があるのか調査しました。

(足の臭い対策クリームを調査!)

足の臭いクリームを調査したところ、人気商品が幾つかあるようです。

・デオナチュレ足指さらさらクリーム
デオナチュレ足指さらさらクリームは、焼ミョウバンやイソプロピルメチルフェノールなどの成分が配合されていて、殺菌や制汗に働きかけながら足の臭いをケアします。

・東京甲子社エキシウクリーム
ミョウバンや2種類の殺菌成分が配合されていて、足裏を清潔に保ちながら足の臭いをケアするクリームです。

・クリアネオ
クリアネオには、イソプロピルメチルフェノールやパラフェノールスルホン酸亜鉛、柿渋エキスを始め複数の成分が配合されていて、殺菌や制汗、防臭などに働きかけながら、足の臭いをケアするクリームです。

他にも、足の臭い対策クリームは色々な商品が販売されていますが、配合成分は類似している傾向です。

(足の臭い対策クリームの特徴)

足の臭い対策クリームを調査したところ、有用成分に関しては類似した商品が多い傾向です。

・類似した成分とは?
足の臭い対策クリームを見ると、イソプロピルメチルフェノールを配合したタイプが多く、ミョウバンを使った商品も多数あります。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌効果が期待できるため、足裏を清潔に保ちには理想的な成分です。

一方、ミョウバンはワキガや足の臭いなどの対策に効果的と言われていて、制汗効果が期待できる成分です。

足の臭い対策クリームを分析すると、雑菌をケアしながら汗を抑制する商品が主流のため、足汗が多い方はデオドラントタイプの足の臭い対策クリームがおすすめです。

(足の臭い対策は靴のケアも大切!)

足の臭い対策に足の臭い対策クリームを使っても、靴が臭いと十分な効果は期待できません。

・靴の中は雑菌が一般!
靴の中は汗や古い角質が蓄積されやすく、それらをエサにする雑菌が繁殖しやすい傾向です。

そのため、靴を定期的に洗うなど靴のケアも大切なポイントで、なるべく複数足を履き回すような形がおすすめです。

複数足を履き回すと、陰干しや日干し、靴を洗うなどのケアができるので、清潔な足の環境を目指しやすくなります。

⇒足の臭いに効くジェルがあるって知ってましたか?

LUNA(ルーナ)のバストアップクリーム「ナチュラルアップクリーム」はもうご存知ですよね?

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの口コミを調査して、実際の評判に迫りました。

(悪い口コミの感想は?)

・1週間使用しても変化無しですが、もう少し続けようと思います。

・バストアップ効果は実感していませんが、肌のツヤは良くなったと思います。

・香りは好きですが、今のところバストに変わりはないです。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの悪い口コミを見ると、使用期間が短い人や美肌効果を実感しているものの、バストアップ効果を実感していないという口コミが目立ちました。

(良い口コミの感想は?)

・ここまで色々な成分が沢山入っているバストアップクリームは初めて見ました。

・バストマッサージをしても変化なしだった私が、始めてから1サイズバストアップしました。

・下向きバストにハリが出て、若い頃のような形の良いバストラインになり喜んでいます。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの良い口コミを見ると、バストアップ効果や美肌効果、バストラインが良くなったなど、評価の高い口コミが複数あります。

また、LUNA(ルナ)のバストアップクリームの効果を実感している人は、ある程度の期間使用しているケースがほとんどです。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームを使うと、バスト周辺に温かさを感じるという口コミもあり、巡りにアプローチするにもおすすめなクリームです。

口コミを調査した結果、LUNA(ルナ)のバストアップクリームの口コミは良い口コミが主流で、評判は本当に高いようです。

どんな効果が期待できるの?

話題沸騰中のLUNA(ルナ)のバストアップクリームですが、どんな効果が期待できるのか徹底検証しました。

(期待できる効果は?)

・バストアップにアプローチ!
LUNA(ルナ)のバストアップクリームには、ボルフィリンやアディフィリン、エラスチンなどの成分が配合されています。

ボルフィリンは、プエラリアに変わるバストアップ成分として注目を集めていて、脂肪細胞のボリュームをアップする効果が期待できます。

また、アディフィリンは脂肪を溜める効果や、上向きバストへと働きかける効果が期待できます。

女性らしいバストはハリや弾力も大切な部分ですが、エラスチンがコラーゲンの働きをサポートして、ハリや弾力のあるバストへと導きます。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの主成分を見るだけでも、バストアップ効果はかなり期待できます。

(特殊カプセルのクリーム)

LUNA(ルナ)のバストアップクリームは、微粒化した成分を特殊カプセルに入れているので、溶けながら肌に浸透する効果が期待できます。

・4種類の巡りサポート成分
LUNA(ルナ)のバストアップクリームは、バストアップ効果が期待できる成分だけではなく、センブリエキスを始め4種類の巡りサポート成分が配合されています。

バストアップは巡りを良くすることも大切で、巡りにもアプローチするLUNA(ルナ)のバストアップクリームは、効率的なバストマッサージを行えます。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームに期待できる効果を調査した結果、バストアップに必要な成分がしっかり配合されているので、色々試しても成果がなかったという方にもLUNA(ルナ)のバストアップクリームはおすすめです。

バストアップクリームの使い方は?

バストアップクリームは塗るだけだと駄目なの?と疑問を感じる方も多いと思います。

そこで、LUNA(ルナ)のバストアップクリームの使い方について紹介したいと思います。

(使い方は簡単!)

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの基本的な使い方は朝と晩1日2回ですが、朝使用する時間がない方は夜1回の使い方でも大丈夫です。

・具体的な使い方は?
LUNA(ルナ)のバストアップクリームを2回プッシュしてバスト全体に塗ります。

1日1回夜のみの使い方は、3回プッシュするのがおすすめです。

(効果的な使い方)

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの公式サイトを調べたところ、Q&Aに効果的な使い方についての回答がありました。

・効果的な使い方の回答
LUNA(ルナ)のバストアップクリームを塗る時は、『バスト周りのリンパマッサージをおすすめします。』という内容が記載されていました。

リンパは、老廃物が溜まり血行が悪くなりがちなため、LUNA(ルナ)のバストアップクリームを塗りながらリンパマッサージをすると、巡りが良くなりバストに必要な栄養素が届きやすくなります。

また、効果的な使い方として入浴後身体が温まっている時がおすすめです。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームは、巡りにもアプローチする成分が配合されているので、バストアップに必要なバストマッサージをする際のサポートにも期待できます。

どんな成分が配合されているの?

LUNA(ルナ)のバストアップクリームには注目成分のボルフィリンが配合されていますが、他にはどんな成分が配合されているのか調査しました。

(成分を調査)

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの主成分は?

・ボルフィリン
プエラリアに変わるバストアップ成分として注目されていて、脂肪細胞のボリュームをアップする働きに期待できます。

・アディフィリン
脂肪を溜める働きや、上向きバストへとアプローチする成分です。

・エラスチン
コラーゲンをサポートする成分で、バストにハリや弾力を与える効果が期待できます。

(他にも複数の成分が配合!)

・女性らしさに働きかける成分
LUNA(ルナ)のバストアップクリームには、ザクロエキスやレッドクローバー、ハーベックスアンチリンクルなど女性らしさを育み成分も配合されています。

・潤いにアプローチする成分
クロレラエキスやヒマワリ種子油、ホホバ種子油を始め10種類の潤い成分が配合されています。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームは他にも、透明感にアプローチする10種類の成分や、巡りをサポートする4種類の成分など、複数の成分で理想的なバストへと働きかけます。

一般的なバストアップクリームと比較しても、配合成分の多さはかなり魅力的なため、ハリや弾力のある美ボディを目指す方にLUNA(ルナ)のバストアップクリームはおすすめです。

バストアップクリームは敏感肌の人でも使える?

バストアップクリームを塗る際は、敏感肌でも使えるのか気になるところです。
そこで、話題のLUNA(ルナ)のバストアップクリームは、敏感肌の方でも安心して使用できるのか調査しました。

(敏感肌でも大丈夫?)

・10種類のフリー
LUNA(ルナ)のバストアップクリームは、合成香料や合成着色料、石油系界面活性剤、鉱物油、エタノール、小麦由来成分、紫外線吸収剤、四つ足動物、パラベン、シリコンなどは一切使用されていません。

その為、敏感肌の方でもLUNA(ルナ)のバストアップクリームを使用できますが、肌には個人差があるので事前にパッチテストを行うのがおすすめです。

(公式サイトを調査)

LUNA(ルナ)のバストアップクリームの公式サイトを調査したところ、敏感肌の方でも使用できるのかQ&A欄に回答がありました。

・Q&A欄の回答内容
『敏感肌の方で使用できます。』という記載がありました。

ただ、アレルギー体質の方もいるので万全な形で使うためにも、敏感肌に問わずLUNA(ルナ)のバストアップクリームを使う前はパッチテストの実施が理想的です。

LUNA(ルナ)のバストアップクリームには複数の美容成分も配合されているので、『肌がすべすべになった』や『バストに透明感が出た』など、バストアップ以外にも色々な効果を実感している口コミが多数あります。